川崎市幸区のSTEP勇気づけセンタースタッフによるブログです。STEP(ステップ)をより多くの皆様に知っていただきたいです。

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
    子どもが「宿題やりたくない!」と言ったらどうしますか?
    0
      JUGEMテーマ:教育
      JUGEMテーマ:子育て
      -子どもが宿題や勉強を「やりたくない!」と言う。
      -保育園や学校に行きたくないと言う。

      そんな時親であるあなたはどのように対応しますか?

      対応方法に正解はありません。しかし親としては何とか宿題をやってほしいし、学校にも行ってほしいと思います。 親に余裕がない状態だと、ついつい「言うとおりにしなさい!」といった言動を取りがちです。

      子どものわがままに付き合っていたら、いつまでたっても自分の時間が取れない、というお母さんも多いでしょう。私も大いにそのような母親です。

      ただ、一つ試していただきたいのが、一度子どもに同調して「やりたくないんだね」「行きたくないんだね」と受け止めることです。ただ反芻するだけです。それで子どもは一旦落ち着きます。その後に、どうしてやりたくないの?とかいつならできるの?という次の話ができるのです。

      子どもが小さいほど効果的だと思います。是非一度試してみてください。ちなみにこれはSTEPでいう「反映的な聴き方」の初級編です。普段無意識に使っている言葉を変えることで、親子関係がスムーズになります。

      ※来年1月9日(土)〜11(月)に開催予定のSTEPティーン3日間コースは現在7名のお申し込みをいただいております。まだ若干名空きがございます。ご関心をお持ちの方はお問い合わせをお待ちしております。
      STEP公式HP http://step-yuukiduke.com
      Posted by : さいとう | 子育てコラム | 11:26 | comments(0) | -
      Twitterでのつぶやき
      0
        12:47
        明日からSTEP基本3日間通いコースが始まります。本日は来年1月に開催予定のSTEPティーン3日間コースのお申込みを2件いただきました。特に先生、幼稚園・保育園の先生、カウンセラーの方など教育に携わる方!お気軽にお問合せください。 #勇気づけ #ほめない #子どものやる気
        Posted by : さいとう | 子育てコラム | 03:04 | - | -
        ほめることの落とし穴
        0
          JUGEMテーマ:子育て
          ほめることの落とし穴
          ほめることは、一種の言葉のほうびです。親や先生から与えられるほうびは 親や先生の価値基準によってきめられるのがふつうです。言葉のほうびを与えることで 子どもを励ますのですから、よく言われるアメとムチに相当します。

          たとえば、子どもが夕食の後かたづけをしてくれたとき、母親がこう言いました。 「えらいわねぇ。最後まできれいにかたづけられたのね。なんていい子なんでしょう」

          子どもがいいことをしたときに、親がよく使うほめ言葉です。子どものやる気をほめて 成長をうながしているように聞こえますが、その根っこには親のものさしで計った 評価がかくされています。えらいね、いい子だね、とほめたのは、親のものさし で子どもの行為を計った結果、親がそう考えたということなのです。

          ですから、子どもをほめる親は、「お母さん(あるいはお父さん)の目から見てなにか いいことをしたときには、あなたは私に認められたというほうびがもらえますよ」と 子どもに伝えているわけです。つまり、ほうびを与えることで、子どもをやる気に させようという育て方をしているのです。

          ほめる子育てに頼っていると、子どもは他人が自分をどう見ているかを基準にする 自主性のない人間になりかねません。ほめてもらうことが大事になる結果、いつも 親の考えや期待にそえるかどうか、不安と緊張に縛られるようになります。 ほめ言葉は、気づかないうちに親が子どもを支配し、コントロールする手段に なってしまうのです。

          (中略)
          勇気づけこそ全てのはじまり
          STEPでは、「ほめることをやめ、勇気づける」ことをすすめています。 勇気づける子育てとは、子どもの長所や能力に目を向け、子どもの自尊心、つまり 子どもの自信を育む方法です。子どもの内面からやる気を育てようという考え方なのです。
          ・・・・・・
          〜「こう言えば良かったのか!」柳平彬 著 より抜粋
          ------------------------------------------
          【STEP勇気づけセミナー3日間コースのご案内】

          日時:2015年11月21日(土)〜11月23日(月)
          場所:川崎生涯研修センター
          ------------------------------------------
          【STEP勇気づけセミナー体験会】

          日時:2015年11月26日(木)10:00〜12;00
          場所:川崎生涯研修センター
          ------------------------------------------

          TEL:044-541-2505
          公式HP: http://step-yuukiduke.com
          お問い合わせはお気軽に!
          JUGEMテーマ:教育
          Posted by : さいとう | 子育てコラム | 12:01 | comments(0) | -
          Twitterでのつぶやき
          0
            20:21
            先日お子さん不登校でお悩みのお母さまからお問い合せをいただきました。お子さんが思春期を迎えると、様々な問題が表面化してきます。どう対応したらよいのだろう?とお悩みのお父様・お母様、是非STEP勇気づけの対話方法を学びませんか。 #不登校 #勇気づけ
            Posted by : さいとう | 子育てコラム | 03:04 | - | -
            【書籍のご案内】こう言えば良かったのか!
            0
              JUGEMテーマ:子育て
              JUGEMテーマ:教育

              こう言えば良かったのか!

              こう言えば

              STEP勇気づけの子育て法をとても分かりやすくまとめた書籍です。
              なかなかセミナーを受講できない方にオススメです。

              ☆おもな目次
              第一章 「いい親」から「責任感のある親へ」
               二章 勇気づけが子育ての始まり
               三章 いきいきコミュニケーションが親子の信頼関係を育てる
               四章 どのようにして子どもの責任感を育てるか
               五章 親も自分を勇気づけて、いきいき親子へのスタートをきろう
               六章 私のSTEP実践記

              ☆読者の声
              ・今まで多種多様の育児書、エッセイなどを読んできましたが、以前に読んだ本は著書によってめまぐるしく変わってしまう育児論的なものばかりで、日々の中で現実に実行しにくい内容でした。しかし、この本はとても具体的で誰でも実践可能な子どもとの接し方を教えてくれました。

              ・私は独身の保育士です。職歴も浅いのですが、子どもを尊重し子どもから学ぶということを自分の信念としています。この本を読んで子どもに対しての言葉がけの重要性を改めて考え、怖くなりました。保育園での親代わりの私たちも親同様に勉強しなくてはならないと思いました。
              Posted by : さいとう | 子育てコラム | 12:27 | comments(0) | -
              TOP